施術の手順

当院では、東洋医学の氣の思想に基づく鍼灸治療を行っています。
目に見える身体だけではなく、そこに流れる経絡、氣の状態をみながら、全身調整をしていきます。

 

問診
主な症状、その他の気になる症状をお伺いします。
他に、生活習慣や、過去の病歴やケガ歴をお聞きします。
過去のケガや手術の影響が、現在の症状につながっている場合があります。

脈診、脈の調整、腹部の調整、腹診
脈を確かめ、脈の状態を手首のツボを使って調整します。
また、お腹に軽く鍼をあて、お腹の状態を見ます。
お腹の状態で、全身の「氣のかたより」を確認し、証をたてます。

うつ伏せで背部の鍼
お腹の状態から、背部のツボを選んで、背部に鍼をあてていきます。
足の太陽膀胱経と督脈という経絡上のツボに鍼をあてます。
ここで、全身の氣のかたよりを調整し、全身を整えていきます。

その他の治療
他に必要と思われるところには、お灸又は鍼を当てます。
できる限り今出ている症状が軽くなるようにアプローチ致します。

脈診、主訴の確認

座位で、肩への鍼
最後に、ベッドに座っていただき、今の状態を感じていただきながら、
肩又は首、頭、腰、足など必要なところへ鍼を当てます

注意事項のご案内、ご精算、次回の予約などのご相談
初めての方には、鍼灸治療後の注意事項をご案内します。
又、予後などについてもお話しさせていただくことがあります

最後に・・・。当院の治療は、力づくで変化を促すのではなく、
その方の治癒力で治る分だけの変化が起こります。
治療直後は変化を感じにくい方でも、
翌日、翌々日に明らかな変化を感じられる方もいらっしゃいます。
長い目でご自身を見ていただくことが必要な場合もございます。