日記

神社検定

先日は、神社検定を受けに、長野県神社庁というところに行ってきました。
善光寺さんのすぐ近くです。

折しも、静岡の友人が1級を受けるとあって、お互いにエールを送り合いました。
自己採点では、わたしも友人も合格です。

ちなみに、わたしは三級を受けました。
やはり、きちんと勉強してみると面白いものですね。
日本の歴史、文化があらためてわかります。

お盆も、もとは仏教ではなくて、日本古来の考え方から来てるんですよ。
仏教よりも前からあったのが、神道です。
奈良時代になってから仏教が中国から入ってきて、神道と「神仏習合」しました。

明治時代に、「神仏判然令」がでて、神仏分離がすすみました。

少し前に「日本の神様カード」公式インストラクターの資格もいただいたので、
古事記や神様、神道についての講座も開いていきたいなと思っています。

販売元のヴィジョナリーカンパニーさんにコノハナサクヤヒメさんのデザインの
名刺も作っていただきました。

欲しい方はぜひ、お声がけください!とっても可愛らしい名刺です。

長野県神社庁内の試験会場は、部屋の前にステージがあって、そこに
神様がお祀りされていました。アマテラスさんでしょうかね。
なかなか、神社庁を訪れる機会もないので、新鮮でした。
神様を目の前にして試験です。

悪いこともする気がなくなりますね。(もともとないけど)

もちろん、帰りは善光寺さんにお参りも。