新型武漢コロナウイルス

【新型コロナ】大切なこと!

先日、一人一人が自覚した行動をとることが大切だとお伝えしたのですが、その夜、志村けんさんが新型コロナウイルスによる肺炎でお亡くなりになったことがわかりました。本当に驚きましたが、このことで、テレビのインタビューに答えている若者たちの意識が明らかに変わったことも見て取れました。そして、多くのメディア関係の方々が、自覚を持つようにと、発信し始めました。

このことで、この国が大きく舵を切っていくことを望みます。

さて、感染防止についての基本的なマナーは変わらないのですが、やはり一番大切なことをお伝えしなければなりませんね。

それは、「風邪のような症状、身体に違和感を感じたら、外出や人と会うことを諦める」ことです。諦める勇気、約束を断る勇気を持つことです。

本当に単なる風邪かもしれないですし、他の原因での不調かもしれません。しかし、実際に検査をしなければ、本当の原因はわかりません。

ですから、次の感染者を出さないために、絶対に守ってほしいのが、「風邪のような症状が出た時は人に会わない」ということです。PCR検査はなかなかやってもらえませんから、もし自宅で様子を見るなら、1週間を目安にすると良いです。なぜなら、新型コロナウイルスに感染した場合、風邪の初期症状から1週間程度経過すると、急激に悪化して、肺炎の症状(息苦しさなど)が出やすいからです。

また、今までとは違う強いだるさ(倦怠感)、味覚や嗅覚が鈍くなる、というのも、目安になりそうです。ただ、絶対に出る症状ではなく、人によってかなり差があるということですから、やはり、風邪をひいたかな?と思ったときは、予定をキャンセルして、家でゆっくり休むことです。無理をして出かけて、大切な人たちを感染と死に近づけたい人はいないでしょう。

今のところ、新型コロナウイルスに対する、特効薬やワクチンはありません。なので、感染したら、最後は自分の持っている自己免疫力に頼るしかありません。免疫は個人差があります。たとえ自分は軽く済んでも、他の人は重症になるかもしれません。

ですから、風邪が完全に治るまでは、外出を避けることがとても大切になってくるのです。また、一人暮らしの方は、外出できなくなる可能性を考えて、食料などを多めに備蓄するのが良さそうですね。